Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

いじめられてることを公開するメリット ‐孤立化を防げる‐

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

僕は中学生の時、いじめられていました。

 

中1の5月が1番酷かったです。

 

だけど、6月ぐらいにはもう小康状態になっていました。

 

その後も散発的な嫌がらせはあったものの、僕のいじめはかなり短期に回復できたといっていいでしょう。

 

以前のブログ達にも書いてるように、この幸運には色々な原因があります(もっとも、いじめられずに中学時代をすごせるのが一番の幸福だとは思いますが)。

 

その1つの原因として、自分がいじめられてることを1人で抱え込まず、色んな人に公開・相談したことがあると思います。

 

 

自分がいじめられてることを公開する、その最大の利点は、

孤立化を防ぐ
という事にあるように思います。

 

 

そりゃあボッチの人間ていじめられやすいですよね。

 

 

集団の力とか人の輪の力というのは馬鹿にならんわけで、多くの人とつるめてる方が強いんです。

 

 

少なくとも、たくさんの仲間とつるんでると、自分が強くなったような気分になれます。

 

 

よく、ドラマなんかで、いじめっ子どもがいじめる対象を、例えば体育館裏とかに呼び出し、1人になったところを集団で囲んでカツアゲするなんてシーンがあるかと思います。

 

 

こういうのが如実に示していますが、相手を弱い立場に追い込んでからじっくり‘料理’していくわけです。

 

 

「1対多数」
っていうのは、数の上でも有利不利がはっきり分かれますが、僕の経験上
‘雰囲気’‘オーラ’の上でも事実上勝敗はついてます。

 

 

ボッチな人間てのは、やはり‘負のオーラ’が出てると思います。

 

 

集団でつるむ人間ていうのは‘勝利のオーラ’が出てるような気がします。

 

 

いじめっ子どもというのは、野生の勘なのか何なのか分りませんが、そういう‘負のオーラ’にものすごい敏感なんですよね。

 

 

おひとりさまはジャイアン連中の格好の‘餌食’なわけです。

 

 

だけど僕の場合、親・部活・塾・中国語クラブ、で僕の居場所のあるコミュニティがあったんです。

 

 

もちろんクラスに僕の居場所があったわけではありませんし、僕がクラス以外でこれだけのコミュニティを持ってることを、僕をいじめてた連中が知ってたわけではないかと思います。

 

 

だけどこれだけコミュニティを持ってると、野生の勘を持つジャイアンどもが
「こいつは1人じゃないぞ!!!」
と勘づくんではないかと思います。

 

 

やはりどっかでコミュニティを持ってるか否かで、出てくる‘オーラ’はだいぶ違ってくるのではないかと思います。

 

 

もちろん、自分がいじめられてることを公開したところで、全員が全員味方になってくれるとは限りませんし、中には敵さんサイドに回る人もいるでしょう。

 

 

自分にとって居場所のあるコミュニティができるとも限りません。

 

 

だからこそ、公開する相手は選びましょうという前回のブログの話になるんですが。

 

 

要は、
孤立化を防げるかどうかが、いじめからの脱却が絶やすかそうでないか


になる、という事です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました