Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

検査の結果、ADHDではありませんでした。 が…

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この前、ADHDの精密検査の結果が出ました。

 

結論だけ言うと、ADHDではなかったです。

 

ただ、この精密検査は、いろいろな測定項目があって、その出来が折れ線グラフであらわされるのですが、僕の場合折れ線グラフの波がものすごく激しかったです。

 

別の言い方をすれば、検査項目ごとに出来不出来に大きな差があるという事です。

 

なぜ僕がADHDじゃないか?

 

検査項目に「数字を復唱する」項目があるんです。

 

僕が受けた検査は、専門医と僕の1対1でやる検査なんですが、「数字を復唱する」検査では、
例えば先生が「1,3,5」といったら僕が「1,3,5」と順にいう、先生が「1,2,3,4,5,6,7,8,9」といったら僕が「1,2,3,4,5,6,7,8,9」と順にいう、というパターンと、先生が「1,3,4」といったら僕が「1,3,4」という、先生が「1,2,3,4,5,6,7,8,9」といったら僕が「9,8,7,6,5,4,3,2,1」という風に、今度は逆から言っていくパターンと、
を組み合わせた検査です。

 

僕はそれが異常に得意だったんですね。

 

一般にADHDの人って、
‘短期記憶に難あり’
だから、この手の事は苦手なはずなんです。

 

先生いわく
「それができるんだったら君はADHDとはいいがたい」
との事でした。

 

逆に、僕は
「視覚情報処理に弱い」
んだそうです。

 

あくまで僕の勝手な予想ですが、仕事をしてて書類作る時なんか、めっちゃミスしますが、たぶん視覚情報処理能力の問題かと…

 

 

 

 

まぁ結果として僕は‘ADHDじゃない’という事だったんですが、それはそれで困る部分も、確かにあります。

 

「あああなたはADHDじゃなかったんですね。
まったくの健常者ですね。
じゃあ、
ミスが多いのも、
複数タスクを同時かつ優先順位つけてこなすのも、
対人関係の微妙な機微を理解しコミュニケーションをとっていくのが苦手なのも、
あなたの努力不足ですね。」
ってなるとややこしいわけです。

 

もちろん努力不足っちゃあ努力不足ですよ。
だって、普通の人が24時間でできることも、僕は48時間の努力が必要なわけです。

 

ところで1日は24時間しかありません。

 

そうすると、単純計算で24の‘借金’が1日ごとに出てくるわけです。

 

しかも、僕の状態に関係なく、仕事自体は日を追うごとにどんどん発生していくわけです。

 

正直、毎日の雑務を処理しながら、1日24発生する‘借金’を処理しろなんて言われても、実際問題不可能なんですよね。

 

だから、これらを普通に並の人間と同等にしろなんて言われてもという感じです。

 

だって、前職、それらがあまりにも苦手で、パニック起こして辞めたわけですからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました