わが青春に剣道ありし

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

昔、僕は剣道をやっていました。

 

 

小5から岸和田市の剣道教室に通い始め、小6からは「心技館」という別の教室にも通い始めました。

 

 

岸和田市剣道少年教室も、心技館も、場所は同じで、岸和田城の近くにある「心技館」という道場ですけどね。

 

 

市剣道少年教室は土曜午前、心技館は平日夜に教室が開催されます(曜日は忘れました)

 

 

市剣道教室と心技館、運営主体は違いますが、場所が同じだったので、僕みたいに両方通ってる子も多かったです。

 

 

そういう事情もあったからか、友達とかができるのも早かったと思いますね。

 

 

経緯は忘れましたが、「〇〇ぼこぼこしごき隊」なんてのもできましてねえ…

 

 

同級生や先輩からは‘いじられ系’だった僕は、自分でいうのもなんですが、人気者だったと思います。

 

 

もちろん年下とも仲良かったですよ。

 

 

そういう状況は僕にとっても楽しかったです。

 

 

積極的に稽古挑んでいってましたね。

 

 

「〇〇ぼこぼこしごき隊」には、強い先輩もいましたから、その人たちに稽古挑むことによって、多少なりとも剣道本体も強くなりましたしね。

 

 

中学生になると、いじめカテゴリのブログで書いた通りたくさんのいい先輩たちに恵まれて、さらに剣道が楽しくなりました。

 

 

小学校からの、市剣道教室や心技館の友達に、別の中学校に行った子も多かったです。

 

 

そういう子たちと、しかし試合とかでは会う機会があるわけです。

 

 

そこで、試合の合間とかにその子らとつるんでると、そっから別の中学校の剣道部とのつながりができます。

 

 

他中学校の剣道部にも人の輪ができて、まあ楽しかったですね。

 

 

高校生と合同練習することもありました。

 

 

岸城中学校剣道部は、顧問のY先生の出身高校である大阪府立和泉高等学校剣道部と仲良しで、土曜や長期休暇にはしょっちゅう和泉高校の剣道部に行っては合同練習してました。

 

 

当然そうこうしてるうちに高校生とも仲良くなりますよね。

 

 

小学生から高校生まで、そして他中学や高校にも人の輪があって、中2の夏までは、剣道は僕の青春そのものでした。

 

 

あの頃は毎日が楽しくてしょうがなかったですね…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました