‘強くなりたい’ か ‘楽しみたい’ か

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

昔、僕は剣道をやっていました。

 

 

中学までは熱中してた剣道を、しかし高校でぱったりやめてしまいました。

 

 

その兆候は早くも中学1年から、「心技館」という道場を、部活と並行して通ってた時にすでに現れていました。

 

 

その過程などについては、過去の記事に書いていますが、この「『心技館』をやめる」という出来事は、僕にいろいろなことを示してくれていたと思います。

 

 

その1つが、僕は剣道を“仲間と楽しくすること”に重きを置いていたことに気づいたことです。

 

 

剣道始めたころは当然弱かったですし、小学校の低学年から始める子たちも多い中での、小5スタートだったわけですから、まあコンプレックスのようなものはあったと思いますし、当初は、僕よりも前から剣道をやっている同級生並みのレベルに‘追いつけ追い越せ’感はありました。

 

 

しかも先輩や同級生が‘〇〇ぼこぼこしごき隊’(○○は僕の名前)なんてものを勝手に作られて、しかも僕も彼らに果敢に練習挑んでいったもんだから(笑)強くなりたいという気持ちは少なからずあったのは事実だと思います。

 

 

一方で、こういうことを通して‘人の輪’が自分の周りで確実に大きくなっていることに気づいていましたし、それがすごく楽しかったからこそ積極的に練習に行ってたのもまた事実です。

 

 

‘強くなること’

‘仲間と和気あいあい楽しくやること’
のどちらが自分にとってより大事か?
この“順位付け”を考える、必要性がない・したくない、等で、せずに剣道やれてる人も相当数いるでしょう。

 

 

けど僕は、この「『心技館』をやめる」という出来事によって、ブログを書いてる今ほど自分と向き合ってるわけではないものの、まあなんというか、
‘強くなること’よりも‘仲間と和気あいあい楽しくやること’
にしようと決めた
のか
もともとあったそういう考えに気づいた
のか
多分両方だと思いますが、このころからはっきり‘仲間と和気あいあい楽しくやること’を考えて剣道していくようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました