Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

“いじめ”で、なぜ「学校」が批判されるのか!?

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

教育現場で、ま、残念ながらよくあるいじめ。

 

 

たとえば
「いじめで自殺しました」
なんて話がでると、
「学校の対応はどうだったんだ!?」
みたいに、学校側の責任が追及される場面、よく見ます。

 

 

これってよく考えたらヘンですよね。

 

 

いや、もちろんね、たとえば教師みたいな学校関係者が生徒いじめてんならわかりますよ。

 

 

学校側が攻撃してくるんなら、
そら、学校に文句言ったって正当な‘自衛権行使’ですからね。

 

 

問題は生徒同士でいじめ・いじめられしてる場合ですよ。

 

 

かつていじめの被害者経験した僕が書くのもなんですが、
僕が学校側なら
「俺らがいじめに加担したわけでもないのに何でたたかれなあかんねんな(怒)
加害者が真っ先に批判されるべきやろうが、え!!!」
て思いますね、マジで。

 

 

まあ、こんなこと書いてる僕自身、10年以上前、中学生だったときは、
当時僕をいじめてたH君、S君、Y君、Kさん、Sさん、に対して、直接批判したことは1回もありませんでしたが(笑)

 

 

たとえば

・①学校というのは、勉強のみならず、スポーツや友人たちとの関係、等を通して総合的な人格を育成する場である。

・②いじめというのは人の道に反する行為である。

・③ ①②より、学校にはいじめを懲戒し、もっていじめの加害者・被害者双方に人格的な成長を提供する義務がある。

・いじめ被害者の自殺など、取り返しのつかない結果になった場合、学校は③の義務を果たしていないわけであり、その事実は社会から非難されるべき事実である。

なんて説明は、できるっちゃできますね。

 

 

それだと、僕は納得しないです。

 

 

そうはいってもいじめ加害者よりも学校の方が
‘批判され度合い’
が高い気がするんで。

 

 

もちろんこれは僕が個人的に考えついたことだし、万人にあてはまる保証はどこにもありませんが、思うに
人は、本当におそるるべき対象には攻撃しない
傾向があるかと。

 

 

どこぞの宗教研究者が言ったんかは知りませんが
「神々の名前は人間の悲鳴だ」
てセリフがあるそうです
(偉い先生が言ってる、っぽい、です…)

 

 

こっから色んなことが分かるわけですが、
・人は恐怖の対象を、むしろ崇める傾向がある
・人は恐怖の対象を、自分たちとは心理的な別世界に隔離する傾向がある

 

 

この2点がおおきな学習かと。

 

 

宗教学者のセリフが正しければ、ですけど、

 

 

悲鳴あげるぐらい怖いものを神として崇拝するわけですよね。

 

 

しかも、人間の世界と神の世界って、心理的な隔たり、ありません!?

 

 

神の世界かどの世界かはともかく、
怖いものを自分たちと別の世界に分類することによって、精神的な安らぎを得たい、
そういう心理があるんじゃないかと思いますね。

 

 

ホラーものなんかでも、
化け物がでてきて、
人々を恐怖のどん底に落として、
人々の顔を恐怖にゆがめて殺して、
化け物は高笑い・人々は「助けて~~~」て泣き叫びながら、ただただ逃げる!

 

 

みたいな感じ、多い気がするのは僕だけですか!?

 

 

「おばけの分際で!!!
よくもわが同胞を殺しあがって!!!
たといこの命消えようとも、
あのおばけに勝利するその瞬間まで、
最後の一人になってもわが全軍戦い続ける!!!」

 

とはならんわけですよね、キホン。
(たま~に、ゴジラとか宇宙戦争とか、怪物相手に全面戦争してる、勇気ある人らもいますが)

 

 

いじめの話に話し戻せば、
被害者にとっていじめっ子っていうのは、自分の力ではどうしょうもない‘自然災害’みたいなもんで、祈るしかない相手なんですよね。

 

 

少なくとも中学生当時の僕にとって、H君らはそういう存在でした。

 

 

一方学校に対しては、
いじめっ子みたいに‘別世界にイっちゃってる’DQN的な存在とは違うし、そう信じたいわけですね。

 

 

もしも学校が‘イっちゃった’ら、『自分たちの世界』で味方してくれる存在がいなくなる危険がありますし、
学校という「社会」の重要部分に‘異世界’の要素が入ってこられたら、『自分たちの世界』がメチャメチャになるんじゃないかという強烈な不安感にさいなまれるわけです。

 

 

学校を批判する人らには
「‘人間界’の存在でいてほしい、そうすれば語りかければわかってもらえる」
という期待と
「‘人間界’の存在なんだから、ちゃんとそれらしい行動をとってもらわなければならない」
という倫理観がまじってる人たちが、一定数いるんじゃないかと思います。

 

 

いじめる側もいじめられる側も、
「戦える」
と思った相手しか攻撃しない点では同じなんですねぇ…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました