デーモン “受験生” 閣下

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

僕が個人的に
オモロイな!!!
と思ってる人のブログを紹介します。

 

 

https://ameblo.jp/mame-daisuki-penguin/entry-12348652948.html

 

 

僕この人の書くブログ大好きでねえ~~~!!!

 

 

この人は
「基本あほな日常を書き綴ってます。」
っておっしゃってるんですが、まあこれが面白くってですね(笑)

 

 

で、僕自身もブログで発信してて、
でも発信者側に立った時に、この手の‘日常生活’系の発信て、あんましないんですよね。

 

 

ところが自分が受け手に回った時に

日常の光景を切り取って、
    ↓
時に‘スイート’に、時に‘スパイシー’に味付けして
    ↓
で、発表する

ていうの読むのが大好きなんですよ!!

 

 

「よつばと!」
って漫画がありますけど、あんな感じの(笑)

 

 

たとえて書くなら

パン食大好きコメ農家

みたいな!?

 

 

「自分とこコメ作ってんねんからそれ食えや!!!」
「わざわざ人様の小麦、それも買うてまで喰わんでも!!!」
思います!?違うんですよ、コレが!!!

 

 

コメ農家やからこそ買って食べる小麦の味がウマい
んですよ、分からんかなー、この感覚!?

 

 

まあ分かってもらえようが分かってもらえなかろうが、超然主義的に書き進めてまいりますが(笑)

 

 

これ読んでたら僕も受験時代の思い出久々によみがえってきたんで、今回はそれについて書かせていただきたいと思います。

 

 

高校受験の時なんですけど、当時僕塾通ってまして。

 

 

ある時なんですけど、先生がなんか、ペン落としたんですよ。

 

 

そんで
「ああ、落ちた!!!」
とか言いだすわけですよ!!!

 

 

「皆さんの替わりにこのペンが落ちてくれました!!!」
とか何とか言って!!!

 

 

これがですね~~
‘ツボ’りましてですね~~~

 

 

“ユメソのツボ”
に見事にはまってしまいやした!!!

 

 

そっからというもの、
わたくし、ユメソ、
なんかの拍子にふと
シャーペン落としました・消しゴム落としました
そんな時はほぼ決まって必ず

 

「嗚呼、落ちたー!!!」

 

「あ゛あ゛、落ちた!!!」

 

「あ゛あ゛あ゛ 、 落゛ち゛た゛あ゛ー゛!!!」

 

 

連呼してましたね(笑)

 

 

1日7回ぐらい!!!

 

 

「俺の、替わりや゛ー」
言うて(笑)

 

 

僕も高校受験なり大学受験なり経験してるんですけど、
調子よかったのは高校受験の時でしたね。

 

 

つまり中学時代か!?

 

 

中3になってから、定期テストで5教科450、基本超えてましたし(1回だけ切ったことあるかなあ…)

 

 

今どうなってるか知りませんけど、当時「五ツ木模試」ってのがありましてね。

 

 

11月で少しガタっと成績下がったんですけど、9月10月って、学校全体で150人ぐらい受験しての5番とか!!!

 

 

そこそこ脂のってましたねえ~~

 

 

そんなヤツが

「落ちた」 「落ちた」

連呼するわけですよ!

 

 

‘炎上’しなかったのが不思議なくらい(笑)

 

 

当時僕3年4組に所属してたんですけど、余り話しない子とかわかんないですが、まあみんなおおむね志望の進路先に行けてましたしね。
(もちろん若干の例外はありますよ)

 

 

しかも僕、
「大阪府立岸和田高等学校」
という高校に進学する結果となったんですが、

 

 

の高校、
当時の偏差値ですけど、
推定で‘64’!!!

 

 

「あ~ら~
なんだかワタシ、ワールイこと書いちゃったかしら~
ゴメンあそばせ!!!」
みたいな(笑)

 

 

「痛快ブログ!!! スカッとユメソ~!!!」
って感じ(笑)

 

 

頼むから死んでくれ!!!
思ったでしょ!?

 

 

さしあたり天国でも何でもええから、この世からは逝ってくれ!!!
思われてます!?

 

 

大丈夫!!!

 

 

まあ‘逝ったこと’はないんですが(そしてまだ逝きたくもないんですが(笑))、
大学受験がボロボロだったんですよ!!!

 

 

高校での順位は、
時々まぐれがあったんですが、
大体は下から数えての100番目ぐらい。

 

 

約320人いる中でね。

 

 

とてもじゃないが、‘そこそこの大学’に行こうと思うと、絶望的(泣)

 

 

なんか、勉強できてる子が‘意味わからん’かったですね。

 

 

「なんで‘分かってる’ん???」
みたいな。

 

 

英語の長文にしても、古文にしても、

内容そのものは読めてる

んですよね。

 

 

数学の問題にしても

道が見えてる

んですよね。

 

 

彼ら彼女らは。

 

 

対して僕は

内容そのものがまず分かってない

どっからとっかかっていいかも分かってない。

 

 

‘手探り’というか、こう…
表現難しいんですけど…
…‘闇雲’に勉強してましたねー。

 

 

「なーんでこんなんなってもたんかなー!?」
て感じ!?

 

 

‘晴らせぬ恨み’
でも晴らされちゃったんかな、誰かにorz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました