バイトを辞めるに至った経緯

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あれだけバイトの不平不満ばっかり書いてるってことは、まあそんなに長くはもってないということで…

 

半年で辞めました。

 

直接の原因はつまみ食いがばれたってことなんですけどね!

 

たった1回のつまみ食いで主要なお偉方の面々の知るところとなり、店長には烈火のごとく怒られ…

 

過去の記事
貧乏学生と バイトの ‘ブラックな’ 闇
でも書いてる通り、
僕、全然仕事ができなかったんですけど、まじめだという評価はあって、その点店長の期待も大きかっただけに、店長の怒りはすごくて…

 

会社的にもつまみ食いに対する ‘取り締まり’ は時間を追うごとに厳しくなってましてね。
入る時に聞いたのは「賠償として10万支払わされた例もある」ということ。

 

店長自身も過去に、バイトしてた居酒屋でつまみ食いしたことあるんですって!!

 

その時付き合ってた彼女にふられたのが原因なんだとか

 

「金ない、金ほしい」っていうのと「彼女にふられた」っていうのは、原因はちがえど「人間追い詰められたら何するか分からんからな!」って言われてただけにの、事件起こしたわけでしょ!?

 

「お前、夜勤終わったら俺が出勤するまで待っとけ!!!」って言われましてね

 

んでまあ夜勤明けの状態で ‘雷’ 落とされて…

 

さすがにたった1回だけで罰金取られる、なんてことにはならなかったですけど、
誓約書みたいな書かされて判押されて指紋取られて…

 

ちなみに指紋があると、取った方が裁判で有利になるんですって!!!

 

誓約書に書いたことの一言一句は覚えてないですけど、「店長の言ったことは絶対です」みたいなフレーズがあったのは確かです。

 

つまりどういうことかと書くと、
クビになるんかと思いきや逆!!!
「俺の言った日には絶対出てこい!!! 学校の授業とか試験とか、そんなのは関係ないからな!!!」
って言われました。

 

要は社畜ですね!!

 

あの時の恐怖感はすごかったですよ!!!

 

「俺このまま社畜で一生終わるんじゃないか!?」って思うぐらい!!!

 

よく怒る人でしたけど、情にはホントにあつい人でしたから、申し訳ない気持ちもありましたし、
一方で「自分だってやってたくせに何で俺そこまでボロカスされなあかんねんな!!?」っていう ‘逆ギレ’ みたいな感情もかなり強くありましたね。

 

「自分のこと反省してない」とかって言われそうですけど!

 

確かねえ、ちょうどそれから年末年始の忙しい時期になってくるタイミングだったから、
で、それが約1ヶ月ぐらいあったのかな!? 終わったらそれがなくなるみたいな話、だったように記憶してまして…
「終わり次第頃合い見計らって辞めよう!!!」って誓って…

 

先に結論書くと、この事件のだいたい1ヶ月ぐらい後の、年末年始の頃ぐらいだったかなー、店長の機嫌が戻った頃に「辞めようと思います。」って電話したら、思いのほかあっさりOKしてくれたから、それはほっとしましたね。

 

でまあ、「辞める!!!」ってなってからなんですけど、
「まじめなんはいいけどまじめすぎてもしんどいだけやで!
最後なんやしもうちょいコミニケーションとってみたら!?」
みたいなこと店長から言われまして…

 

実際、バイトの実質的なトップのAさんからも「君とシフト入ってもなんもおもしろくない」って言われてたんで。

 

こっちも
「シフト入れなくなるんじゃないか!?」
っていう恐れがあると
「ちょっと何かやって事態がよくない方向に向かってしまう可能性が、0でない以上極力無難に、必要最低限以外やらん方がいいわ!!!」
ってなるじゃないですか!!!

 

まして人と会話なんてしようもんなら
ちょっと自分がしゃべったことがたちどころに広まってしまって「アイツって…」みたいになるじゃないですか!!!

 

僕そういうの大っ嫌いなんですよね!!!

 

「何でオマエにそんな評価されなアカンねん!!? ほっといてくれや!!!」
って思うんすよ!!!

 

まして仕事になるとそういうところが失点になっていくし!!!

 

けど「もう辞める」てなったらそんなん関係ないですよね!!!

 

周りにどう思われたって知ったこっちゃないし
辞めること確定してるわけだから評価がダダ下がりになろうが痛くもかゆくもないですし、
それで何か気に入らんこと言ってくるやついたら、無視すればいいだけの話じやないですか!!!

 

これが続けること前提にするんならそういう訳にもいかんのでしょうけど!!

 

いくら ‘無視する’ っつったって、せめて挨拶ぐらいはせーよっつうのが ‘社会的常識’ ですから!!!

 

「どうせ終わりや!」と思った瞬間自分の中で何かが崩壊しましたね。

 

所属店舗でもめっちゃいろいろしゃべれるようになったし、
その間もヘルプよく行ってましたけど、ヘルプ行ってもヘルプ先の人とすぐに打ち解けれるようになりました。

 

「もう終わりだ」ってなったことが自分にとって働きやすいことにつながったのが何とも皮肉ですけど!!

 

そういう発想とかものの見方とか、いいか悪いか分かりませんけど、
店長の一言が僕に与えた影響は、一時的とはいえ小さいものではなかったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました