「いじめられる側にも原因がある」は真剣に考えましょう

ブログ

ついこないだまで、何回にも渡って、僕は自分がいじめられた経験/いじめた経験を語ってきました。

 

随所で

「僕のこういう所がいじめる側を刺激したんだろうなぁ」

とか

「あいつのこういう所が腹立った。だから攻撃した」

みたいな記載してきました。

 

書き方からすると、さも、いじめられる側に原因があるかのような感じですよね。

 

ところで、

「いじめは、いじめられる側にも原因がある」

みたいな命題、聞く機会があると思います。

 

この命題を巡って侃々諤々、色んな人が色んなこと言ってますが、

僕も自分の考えを述べる事と致します。

 

※ご登録頂いた場合、上記の目次全てをお読み頂けます!!!

 

結論

 

先に結論を書いちゃうと、

「いじめられる側 ‘にも’ 原因がある」

というのが僕の見立てです。

 

「どっちにどれぐらいの原因があるのか」は、

そりゃぁ人間のやる事ですし、数学的な法則性はないでしょう。

 

ある時は原因の比率が

いじめる側:いじめられる側=8:2

別の場合は原因の比率が

いじめる側:いじめられる側=3:7

てな塩梅に、個々別々の事件によって全く変わってくるでしょうし、

場合によってはどっちかに10:0で傾くかもしれませんしね。

 

書けるのは、

「いじめは、いじめる側が100%悪い」

という理想論は、往々にして機能しないという事です。

 

 

具体例

 

では、いじめられる側の ‘原因’ とは、どんなものがあるでしょうか?

 

僕が経験したり見聞きしたりした事を書きますと

 

体に多少のハンデがあり、運動会などで遅れをとる事が多い為、チーム仲間から攻撃された

一緒に遊んでる時とか、「頭おかしいんか!?」って位アニメの主人公きどりしてた

中学入学の当初から頭を抱えて机に伏したりと、とにかく怯えておどおどしてた

人の嫌がる言動を頻繁にして、周りの大多数から不評を買った

顔が不細工で、まとってる雰囲気も不思議ちゃんだった

 

らへんでしょうか。

 

 

「いじめられる側にも原因がある」に反対する人達

 

「いじめられる側にも原因がある」

というと、批判される事も多いかと思います。

 

この命題に反対する論者達は、もちろん論者によって様々な意見があって、1つにまとめるのは難しいかと思いますが、

比較的多くの論者が共有してるのは、

「いじめられる側にも原因がある」=「いじめられる側にも悪さがある」

という、

原因=悪

という公式ではないでしょうか?

 

 

「原因」と「悪」を分けて考えよう

 

「いじめられる側にも原因がある」

について

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント

タイトルとURLをコピーしました