剣道の全て -思想、防具、編-

ブログ

最近、剣道ネタで複数の記事を書いていますが、

その殆どは思い出話が多いです。

 

それはそれでいいとして、

剣道そのものについては、余り語ってませんでした。

 

剣道というのは、一般人には印象の持ち難い運動でしょう。

 

野球やサッカーなら、公園で遊んだりとかしてるから、素人であったとしてもある程度の印象はあるでしょう。

 

でも剣道って、遊びでするものではないでしょうし、

何となーくTVとかYouTubeとかで見た「めーん」「こてー」「どー」位の印象しかないんじゃないかと…

 

それはそれで正しいんですが、

世間で広まってるのは、そういう表面的な部分が大半な気がします。

 

なので、経験者として、もう少し詳しく剣道の中身や内実を書こうかと。

 

 

ご登録頂いた場合、上記目次を全て読む事ができます。

 

 

主義

 

まず、稽古うんたらを述べる前に、剣道やる上での ‘考え方’ というか ‘主義’ みたいなのを書きますね。

 

 

ガッツポーズ禁止

 

剣道は「礼に始まり、礼に終る」といわれる位、礼節を大切にします。

 

稽古や試合で相手と対峙する時、必ず

・開始時:「お願いします」

・終了時:「有難うごさいました」

といって頭を下ます。

 

目の前に相手がいるという事は、

自分の上達に於て、少なからず相手の協力がある事を意味します。

 

要するに「俺の稽古に付合ってくれて有難う」って意味ですね。

 

それに、殆どの場合、相手の頭や手首を、竹刀で叩かせて貰うんでね。

 

「稽古なんだから、相手を竹刀で叩くなんて、しょうがないじゃん!」

て、そう考える剣道人は少ないでしょうね。

 

少なくとも僕は、「叩かせて貰ってる事に感謝しろ」って教わりましたし、

そういう風に教えてる道場が大半だと思いますよ。

 

剣道の礼節は、挨拶だけに留まりません。

 

試合で勝ったとして、ガッツポーズもだめです。

 

TVで柔道の試合を見てると、

優勝を決てガッツポーズ、みたいな光景がありますが、

剣道はだめなんですね。

 

これも礼の一環で、

負けた相手を慮る、という趣旨です。

 

逆に書けば、負けて悔しがるのもだめです。

 

市剣少の先生に聞いた話ですけど、

 

割といい胴着に袴、いい防具をつけた人がいたそうです。

 

その人が試合に負けたんですって。

 

そしたらその人、いきなり付けてた防具をとって、防具を放り投げたりして、

大変だったらしいです。

 

だいぶ怒られたらしいですよ、その人。

 

…って、こういう例外はあるものの、

負けた悔しさの余り大暴れするっていうのは、剣道に関わらずあんまりないですよね。

 

だから、そっちが注目される事は余りないです。

 

勝ち負けに関らず、剣道って、感情を露にするのを忌む傾向があるんですよね。

 

何でかっていうと、

剣道は一瞬の世界です。

 

一瞬、隙ができたら、立ち所に相手に打たれます。

 

お互い真剣勝負してる時に、急に喜怒哀楽が生じると、それが隙になったりするんですね。

 

一瞬とはいえ、気がそれる訳ですから。

 

勝とうが負けようが、粛々と礼に始めて礼に終る。

それが剣道です。

 

 

苦行こそ積極的に

 

剣道には ‘苦行を美徳’ とする主義があります。

 

次回の記事で寒稽古の話しますが、

しごかれるような稽古やしんどい稽古を積極的にすべし、という文化があります。

 

日本的な精神主義を体現してると書けるでしょう。

 

これも結局、感情を露にするのが忌まれるのと一緒で、

真剣勝負中のちょっとした感情の変化によって、隙をうまない様に、日々の稽古で訓練してるんですね。

 

後、苦行大好きな文化の背景として、

「気持ちは全てに勝る」という発想があります。

 

多少、技量が劣ってたとしても、気の持ち様で逆転可能というのです。

 

確かに経験者として、‘気持ちを制する者は勝負を制する’ というのはあるかなあと思います。

 

本気度最大のザコって案外、面倒臭いですよ!!

 

そういう事もあるので、剣道では積極性が凄く評価されます。

 

試合でも積極的に技を打っていく奴が評価されますし、

敢て稽古を厳しくする事で、各人の積極性を鍛えているのです。

 

確かに、へたに技を打って、出鼻技で返討ちにあったりもしますが、

それを恐れてしまうと、限られた時間の中ではまともに技をくりだし難くなるんですよね。

 

そうなると「あ、こいつ消極的な奴だな」ってなって、評価が下るので。

 

試合では、特に判定までもつれこむと、積極的に打ってった奴が評価されます。

 

普段の稽古でも、「気持ちで負けるな!!」とはよく言われます。

 

ガッツポーズといい苦行といい積極性といい、精神を試される場というのが、剣道では結構あるという事です。

 

 

道具

 

幾ら精神が鍛え上げられてても、剣道具がないと剣道ができません。

 

ついては、剣道に必要な物について解説していきます。

 

 

竹刀

 

剣道具の中心選手といってもいいのが竹刀です。

(全日本剣道連盟|剣道について (kendo.or.jp)から引用しました)

 

竹を4本、束ねて作られています。

 

 

手入れ

 

長く竹刀を使うと、「ささくれ」という、写真の様な現象が起きてしまいます。

(竹刀ささくれ | BUSHIZO | 剣道具セレクトショップBUSHIZOから引用しました)

 

放置すると、欠けた竹の破片が、面をすり抜けて、相手の目に入ったりとかするので、

事故の元です。

 

見つけ次第、竹刀を分解し、カッターややすりで削った方がいいです。

 

予防策としては、塗り薬的な油の様なものを、ささくれそうな所に塗っとくといいです。

 

ささくれって、竹同士でこすれる事で起こるので、

ささくれそうな所に塗っとけば、潤滑作用が働いてこすれ難くなります。

 

ささくれ以外で注意すべきは、

剣先に穴が開いてないのは確認しといた方がいいです。

 

剣先に穴が開いたままの竹刀を使うと、

竹刀を振った時に、竹が遠心力で飛びだす事があるそうです。

 

飛びだした竹が、相手の面をすり抜けて、目から脳みそ貫いた、っていう事故も、過去に起こったとか…

 

ささくれにせよ剣先にせよ、手入れが行き届いてないと、相手を怪我させてしまいます。

 

変な禍根を残さない為にも、手入れを軽く考えない方がいいでしょう。

 

まあ、いっても、そんなに毎日毎日する必要ないので、変に力む必要もないですがね。

 

 

規格

 

竹刀にも規格があって、

特に公式戦では、年齢に応じて使っていい重さや長さがあります。

 

僕の話ですが、

・小学生の時は3尺4寸

・中学生の時は3尺6寸

の長さの竹刀を使っていました。

 

剣道だけに、長さの単位も「尺」とか「寸」とか、日本古来のものを使うんですね(笑)

 

因みに、普段は「さんじゃくよんすん」とか「さんじゃくろくすん」なんていいません。

 

「さぶよん」「さぶろく」っていいます。

 

公式戦になると、試合前に「けいりょう」とよばれるものがあります。

(多分、漢字では「計量」と書くと思います…)

 

その年齢に相応しい竹刀(長さ、重さ)を使ってるか、判定されるんですね。

 

「けいりょう」におちると、その竹刀はその試合では使ってはいけません。

 

まあ、普通にやってりゃ、落ちる事はまずないですけどね。

 

ごく稀に、ささくれの手入れで竹を削りすぎた結果、竹刀が規定より軽くなる事はあるそうです。

 

なので、削りすぎる前に買い替えた方がいいですね。

 

竹だけ売ってたりもするので、竹刀一式を買い替える必要は、必ずしもないです。

 

ただ、幾ら同じ長さの竹とはいえ、4束の内1束2束だけ変えたりすると、微妙に竹刀の重心がずれたりとかするから、

そこら辺を気にする人にとっては悩ましい所…

 

 

跨ぐな

 

剣道を習い始めた頃、「竹刀を跨ぐな」と教わりました。

 

理由としては

①刀は武士の魂である

②跨ぐというのは失礼な行いである

③よって①②より、竹刀を跨ぐのは竹刀への冒涜である

のだそう。

 

そんなの気にせず跨いでる人もちょこちょこ見かけますけど、

剣道は元来 ‘礼にうるさい’ ので、いつ指摘されてもおかしくないので、

もし、この記事をお読みのあなたが、気にせず竹刀を跨いでるなら、早々に直しといた方がいいでしょう。

 

僕は書いときましたからね(笑)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント

タイトルとURLをコピーしました