Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

平和学習が ‘無理ゲー’ な理由

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

過去の記事のいくつかでもご紹介してる通り、僕は防衛大を体験したことがあります。

 

人生のうちでそういうことを経験するのがどれぐらいいるのか分かりませんが、割合的にはそんなに多くはないでしょう!

 

そうすると、まあ ‘一般人’ とか ‘多数派’ とかとはまた違ったものの見方をするようになるもんで…

 

ある時ふと思ったのが
「 ‘平和学習’ ってどれくらい効果あんの!?」
っていう疑問。

 

思い返せば小・中・高…と、何かにつけてその手の ‘平和教育’ って受けてきましたよね!?
「語り部さんの話聞く」とか「修学旅行は広島」とか…

 

あるいは
原爆反対の詩を朗読してる超有名な大女優さんもいらっしゃいますよね。

 

僕が防衛大を受験した時は、その1、2年前かな!? いわゆる「田母神論文」が世間をにぎわせたりと、
「日本が右傾化してるんじゃないか!?」
っていうのがマスコミとかで報道されだしたぐらいなんですね!!

まあ ‘あれだけ’ といえるほどの量は受けてないものの、それなりには ‘平和学習’ を受けてきたはずの人たちの中に、何で平和教育とは、ある意味逆の方向のものが浸透する余地があるのか、そこが気になったわけです。

そもそもみんな、関心がありません!!!

‘右傾化’ とか書いといてなんなんですが、まずそもそもみんな「戦争」とか「平和」ウンタラについて、あんまり関心ないんですよ!!! 結局!!!

 

これは別に「人が傷ついたり死んだりしようが知ったこっちゃない!」とかそんなこと書いてるんじゃありませんよ!!!

 

けどですねぇ…

 

僕がこのこと疑問に思ったのはバイトしてた時なんですよ!

 

毎日毎日激務に忙殺されてる時にふと、…というわけです。

 

子供の時に、いくら平和学習で戦争の悲惨さとか聞いても、
大人になって日々たくさんの仕事をし、そこに責任やら・お金やら・自分や家族の暮らしやら、
…そんな状況下で「戦争」とか「平和」とか、もっと壮大でマクロなこと考えてる余裕あると思いますか??

 

牛丼屋の店長が、「核廃絶」とか考えなくっても、誰も何も言わないですけど、
「この先1ヶ月の店の売り上げ」考えなかったら店長としての責任問題に発展するじゃないですか!!!

 

そう、つまり
いいか悪いかは知りませんけど、そういうことに意識向けてる場合じゃないわけですよ!!!

もう1つ問題がありまして、

そういう「平和」なんとかっていうのが、
僕みたいに「それがこうじて防衛大でも受験しましょう!」ってなるんであれば話は別でしょうけど、
ほとんどの人が普段の生活とかとは何の関係もない
ということです。

 

反対論者もたくさんいますけど、 ‘環境の力’ ってバカにならんじゃないですか!!?

 

自己啓発とか行くとたまにそういうこと言われるんですが、
「休日に頑張って時間と金使ってセミナーとか行ったとしても、平日の大部分を会社や学校に費やすとどうしてもそっちの方に引き戻される」
と…

 

自分から積極的にお金と時間使って行ったセミナーですらそうなんだから、
ましてある意味 ‘強制的’ に ‘受けさせられた’ 、それも「何ヵ月に1回」とかの頻度でしかない平和学習なんて、「覚えてろ」っていう方が無理ありますよ!!!
たとえその場での衝撃が大きかったとしてもね!!!

 

それとかぶるところありますけど、
小中学校なんかで平和学習が開催されました→
で、そっから ‘そういう系の仕事’ にたずさわる人がどれだけいるのかって話なんです!!

 

戦争するしない、
核兵器をどうこうするしない、
そういったことを、直接に動かせる、
例えば高級軍人・官僚・政治家・外交官…
… ‘平和学習’ を受けた、その中の何人がそういった地位につくのかといったら、ほとんどつかないでしょ!!?

 

だいたいみんな、そういうのとは無縁な・標準的な ‘サラリーマン’ になっていくんじゃないですか!!?
(あるいは自営業とか…)

 

小学校・中学校めぐりして何百人・何千人に語るのは、もちろん素晴らしい活動なんですけれど、
金正恩1人説き伏せることと比べた時に、費用対効果が極めて悪いことに気づかされるんですね!!!

 

一般人に語りかけて世論が形成されたところで、金正恩が核ミサイルのボタン押せば一発で核戦争ですから!!!

 

一般大衆の ‘受け’ がいいのは「語り部」とか「詩の朗読」だと思います。

 

だけど純粋に効率とか実効性を求めるんなら、それこそ ‘金の力’ でも使って官僚・軍人・政治家にロビー活動した方がはるかに有効な手段だと思いますよ!!!

なぜ広島での「田母神講演会」に人がきたのか??

先ほども書きました、‘田母神論文’ で一躍有名になった元航空幕僚長・田母神俊雄さんが、広島で、「広島の平和を疑う」とかいうお題で、講演会を開いたことがあるそうなんですね。

 

どんな中身でしゃべってたのかは知らないんですけど、確かに被曝者の人とかで、街頭で講演会反対の運動してる人らもいました。

 

けど一方で講演会の会場、かなりたくさんの人集まってたんですね!!

 

その理由は、まあいろいろ考えられるんでしょうけど、
「戦争反対」とか「平和の大切さ」とかって ‘いいこと’ ですけど、
‘いいこと’ だから良識ある国民は聞いてくれるとか、
自分たちに反対するやつは戦争好きの狂ったやつら
みたいな、そういう気配が感じられますけど、そう簡単に割りきれるもんじゃないと思いますよ!!

 

昔とちがってインターネットやら、それに付随してSNSやらが発展してくると、学校とか普段のニュースとはちがったものの見方に触れることも多くなりますよね!

 

そうでなくても
田母神論文がはやったすぐ後ぐらいには尖閣諸島が国有化され(当時、民主党政権でしたけど)、中国が猛反対して政府艦船を尖閣近海に大量にたむろさせたりと、
ちょうど中国の威圧的な行動とか海洋進出とかが、誰の目から見ても明らかになってきた頃合いでした。

 

新たなメディアの発達、
社会情勢・国際情勢の変化、
そういうのを感じるにつれ、「昔習ったことで本当にいいのか」っていう疑問が出てきてもおかしくないですよね!!?

 

当時、あるテレビで・ある批評家が「田母神さんは言ってることは旧来の右翼的な主張と変わりない」と言ってるのを聞いたことがあります。

 

僕もそれはそうなんだろうなあと思います。

 

むしろあの人の魅力は
自分の職業をクビになってでも自分の主張を曲げない ‘愚直さ’ であったり、
ディスられることが分かってるのに広島で講演会を開く勇気であったり、
そういった ‘行動力’ あるいはそこからくる ‘カリスマ性’ なんじゃないかと。

 

今まで通りの発想・今まで通りのやり方で「戦争の悲惨さ」とか「平和の大切さ」とか訴えられても、
そんなの「分かっとるわ!」って感じだし、
むしろ「そんな ‘お人好し’ に ‘キレイごと’ ばっかり言ってて、本当にこれからの平和が守れると思ってんのか!!?」って感じですよね!!

 

しかもその手の ‘平和活動’ やってる人たちに、そういう ‘意見する’ なんてなかなかできないじゃないですか!!!

 

実際、太平洋戦争とかでたくさんの方々が亡くなられているのは紛れもない事実ですし、
そういう活動されてる方々は、往々にしてご友人亡くされたりとか辛い体験なさってるわけですし、
そもそもそういう活動自体は崇高なのは間違いないわけで、
そうすると、仮に意見した場合
「亡くなられた方に失礼じゃないか!!!」
とか
「こういうヤツがいるから戦争がなくならないんだ!!!」
とか、
要は ‘炎上’ する可能性があるわけですね!!

 

僕としては、たとい一時 ‘失礼’ になったとしても、長期的な平和を考えれば言うべきことは言うべきだと思うんです。
大切なのは真に平和を追及することであって、活動されてる方の ‘ご機嫌とり’ ではないはずですので!

 

ですが、
悪気はない・むしろ自らの良心に従って言動しただけなのに、
修復不可能とはいかないまでも、社会的に巨大な制裁を受けるリスクをおかしてまで ‘アンチ’ したいとは思わないですよね!!! 多くの人は。

 

田母神さんて、いわば「自分たちじゃできないことをやってくれてる ‘尖兵さん’ 」みたいなもんなんでしょうね!!

 

表題では‘無理ゲー’なんて書きましたが、
勘違いしないでいただきたいんですが、僕はそういう、平和のために活動されてる方をディスりたいわけではないんです!!!

 

普通の人はしない活動されてるわけですし、思いも崇高ですから、素晴らしいのはまちがいない!!!

 

だからこそ、こういう考え方があることを知っといてもらうと、
そのうえで何かをしても・しなかったとしても、活動がより‘深い’ものになるとは思いますよ!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました