ブログ

今更聞けない日本文学 独自性かガラパゴスか 公務員試験対策文学・芸術 前近代以前

前近代の流れの大まかは、前半は中国の影響からの脱皮、後半は文学の大衆化です。 江戸時代は鎖国してましたし、それ以前もそんなに外国と頻繁な交流があったとはいい難いので、 長い時間をかけて独自の文学を発展させたのが我が国だと思います。
ブログ

流れを抑えよう 公務員試験対策 文学・芸術の西欧文学から学んだ事

古代ギリシアの人間を強く美しく書こうとする文学は、人間の弱さから信仰心を生もうとした中世基督教会にとって邪魔でした。ルネサンスによって中世の基督教価値観が崩れ、古典主義が教会なき後の社会を理性によって示そうとし、ロマン主義が理性より情熱に訴えかけ、写実主義が心より外面を描こうとし、象徴主義は自然科学では測れない内面を重視しました。
ブログ

ヨーロッパでも出る杭は打たれる 公務員試験対策の文学・芸術分野の近代以降で学んだ事

公務員試験対策の教養択一の文学・芸術の近代以降です。印象派は出てきた当初は世間から批判されていました。当時のフランスの主流派芸術はフランスの王権と結びついており、一種の既得権益でした。印象派の登場は、そんな人達にとって宜しくなかったのでしょう。今回のうぷ主の1番の学びはそこでした。
ブログ

ハードからソフトへ 公務員は何を学んできたか 文学・芸術 古代~近世

公務員試験の文学・芸術は、文学・芸術の歴史的な流れから出題されます。主にヨーロッパの文学・芸術史について、それぞれの時代の様式を解説しています。ある程度技術が進歩すると、権力者の権威付けの為に巨大な建築が発達しましたが、より時代が進むと、絵画等のソフトな芸術が発展します。
ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

分霊文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました