卓球を習っていました

ブログ

さて、前々からダラダラ続けている ‘習い事編’ ですが、

今回も引き続きお送りしていこうかと思います。

 

今回は「卓球」編で。

 

前回記事で、夏期限定の、小学校のソフトボール教室に通ってましたと。

いう記事を書きました。

 

期間限定の運動教室ってのは、ソフトボール以外にもありまして。

 

それが卓球です。

 

卓球も、ソフトボールと同じで、市子連の大会の為です。

 

「市子連の大会」とは何ぞや!?っていうのは、前回記事でも書いたんですけど、

軽く復習しておくと、岸和田市の小学校のチームを集めた、小学校対抗の大会です。

 

夏期はソフトボール大会やって、それが前回記事なんですけど、

冬季にも大会があって、それが卓球です。

 

※上の目次は、登録頂いた場合に読めます。

 

 

概要

 

他の小学校はしりませんが、

中央小学校(僕が通った小学校)の場合、期間限定で練習して、大会が終れば解散、ていう形式でした。

 

夏のソフトボールの時と同じですね。

 

ソフトボールの時と同じで、学校から案内がきたので、

参加する事にしました。

 

募集は、ソフトボールの時と同じで、3年か4年からかかりました。

 

何か僕個人の感覚として、‘こういう案内がきたら参加しなければいけない’ ていう感覚は、あったと思います。

 

あ、別に誰かに参加を強制された訳じゃないですよ。

 

学校からは「参加しませんか?」って勧誘があるだけで、ソフトボールも卓球も、ぜんぜん自由参加だし、

ソフトボールは男子に人気でしたけど、卓球に参加する奴はソフトボールより少なかったです。

 

ソフトボールも卓球も、両方に参加する子は確かにいましたが、

僕を含めて2,3人ぐらいじゃないですか!?

 

まあ、とにかく僕は冬季の卓球も参加しました。

 

何月から何月までかは忘れてしまいました。

 

ざっくり、秋から冬ぐらいにかけてということ位は覚えてるんですが。

 

日時は、毎週日曜の9-12時。

ソフトボール教室と一緒ですね。

 

指導員は、ソフトボールの時と同じく、PTAのおっちゃん達。

 

制服らしい制服もなく、ソフトボールの時みたいな帽子もなかったと思います。

 

ラケットは流石に個人で用意する必要がありましたけど。

 

でも、僕の場合、お爺ちゃんが卓球それなりに強かったらしく、お爺ちゃん譲りのラケットをなぜか母親がもってて、それを僕が貰ったので、

初期費用は0で済ました。

 

ラケットを家に忘れて練習にくる奴もいるので、学校でもある程度はラケットを用意してくれています。

 

只、僕が貰ったラケットは結構いい物だったらしく、

ラバーというかブレードというか、ゴムの、球をうつ部分が、学校のや周りの子達のより肉厚だったんですね。

 

僕個人としては肉薄のラバーも悪くないと思うのですが。

 

 

上達について

 

まあ、最初の頃はガタガタだったと思います。

 

それまで卓球って、ラケットすらもった事なかったですからね。

 

だから形もできてなかったし、全然へたでした。

 

形が全然できてなかったので、

フォームを、身に染みるまで重点的に、おっちゃんにより指導されました。

 

基本のフォームが身についたのがいつか忘れましたが、

一旦、身につくと、後は比較的楽にすごせたと思います。

 

水泳ソフトボールの時に経験した ‘アハ体験’ ではありませんが、

フォームを叩込んでくれたおかげで、僕の卓球の腕は一気に上りました。

 

但し、これはノーマルの場合に於てです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント

タイトルとURLをコピーしました