Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

いじめ

ブログ

いじめの相談を学校にするときの注意点

基本的に学校は隠蔽体質です。なぜなら余計な仕事と責任がふってくるからです。なので学校と交渉する際は「言う事を聞いてくれたら悪い様にはしませんよ」、「言う事を聞いてくれなかったら面倒臭い事になりますよ」っていう ‘敵に回すと面倒臭い人’ 姿勢で交渉していく必要があると思います。
ブログ

いじめで、学校の責任が追及されるのはおかしいと思います

確かに学校側にも責任があるといえ、いじめで1番悪いのはいじめた奴です。ただ、人は本当に恐れるものへは恨みより敬意を抱く心理があり、世間の子供から保護者を図る考え方とも相まり、学校は大分攻撃され易い立場にあります。子供は必ずしも保護者の決めた通りの人生は歩まないし、責任能力は大人の想像以上にあると理解すべきです。
ブログ

なぜ、いじめられていることを親に相談しないのか

いじめが起こった場合、相談すべき人に相談すべきです。 理由は「孤立化を防ぐ事でいじめる側がいじめにくくなるから」です。 この記事では①孤立化した人がいじめられやすい理由②相談することの思わぬ有用性③なぜいじめられている事を相談し辛いのか④相談する際の注意点 を解説しています。
ブログ

「いじめられる側にも原因がある」は真剣に考えましょう

「いじめられる側にも原因がある」は、「原因」と「悪」を分て考えると一理ある事がよく分かります
タイトルとURLをコピーしました