甲種防火管理責任者 ~資格の概要と、なぜ取ろうと思ったか?~

ブログ
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

前々回前回と、自動車教習・バイク教習のこと書きましたが、
この頃ぐらいから僕、資格取得にハマりまして…

次に取ったのは
「甲種防火管理責任者」
です!!!

「どんな資格やねん!?」ていうと、
ホテルとか飲食店とか、法で定められた建物では、スプリンクラーとか消火器とかの防火設備を置かなきゃいけないんですが、「ここにスプリンクラーつけろやオラあ~!!」ってダメ出ししたり(大笑)、避難訓練やったりする資格です!

僕は京都で取りまして、

調べるところ「防火管理者」は国家資格らしいんですが、
自動車教習が民間の教習所でもできたように、防火管理の講習も民間の団体がしてました。

講師は消防士のOBっぽいですし、消防局絡みの外郭団体っぽいですから、完全無欠の民間ではなさそうですが。

 

「甲種」があるなら「乙種」もある!

ただ「甲」と「乙」のちがについては、詳しいことは知りません!

調べた限り、知ってるで書くと、
甲種防火管理を持ってたら乙種防火管理の権限も使えるらしくって、
甲種は取るのに2日かかりますが、乙種は1日でいいみたいです。

 

何でこんなもん取ろうと思ったかと書くと、
車の免許を取った時に、それまでできなかったこと、具体的に書くと運転・およびその技術が自分に身に付いた。それが「楽しい」と思えたんですね。

しかも当時、部活もサークルも大してしてなかった僕は、今後、公務員試験の、特に面接でしゃべるネタに困るだろうなあと懸念してたこともあるので、面接のネタ作りとしてもいいだろうとも思いましたね。

例えば税理士とか公認会計士とかの資格を取ってもいいじゃないかと思うかもしれませんけど、
・面接の ‘ネタ作り’ という要素はあったものの、その資格で一生メシを食っていこうとは思わなかったこと
・難易度や、かけなければいけない時間などから公務員試験本体との両立が難しいと判断したこと
・1つの資格を時間かけて取るより、取得にかける時間が短い資格をたくさんとる方が魅力だったこと
から、いわゆる士業とか、そういうふうなのに通ずる系の資格は目指しませんでした。

で、そん中から防火管理を選んだ理由なんですけど、
たまたま情報として「そんなのがある」ということを知ってたからです。

牛丼屋でバイトしてた時に、店長と、バイトの、まあ ‘リーダー格’ なAさんとが会話してたんですけど、
Aさんがチーフか何か、すなわちバイトの中では1番偉い役職につくことになったらしくって、そのために取らなきゃいけなかった資格ということで、店長と話してました。

その予備知識があったんで、「あ、じゃあ取りにいこうか!」と思えた次第です。

この話みたいに、事業者や従業員が必要に迫られて「取りに行こう・行かそう」という理由で受講しに来る人がほとんどです。

じゃあ学生は取りに行かないのかというと、
学生の分際であったとしても、僕みたいに取りに行くやつはいるそうです。

ただ数は少ないみたいですね!

 

では、いよいよ ‘教習’ の中身は何なのかというと、2日間、朝から夕方まで授業を受けてるだけです!!!

一応2日目の最後に、確か6問かそこいらの○×テスト、だったと思うんですが…はあったと思いますが、
「出していただく必要はないです」っていわれた記憶ありますし、
まるつけも講師が答えをいって自分たちでまるつけたと記憶してますし、
回答用紙を提出とかもしなかったと思いますし、
仮に全問間違いだったとして、それが何かに響くようなこともなかったと思います。

内容としては全然ザルな資格ですよね!

 

お金も全然高くなかったですし(具体的な金額は忘れましたが…)、
2日間ボーっと授業を受けてればいいだけだし(一応「寝たら失格」みたいな規則はあったような…)、
試験もあってないようなもんだし…

履歴書に書ける資格は確かに増えましたけど、
それが面接対策に直接に有効だったかというと、あんまりでしたね…
サークルで部長やってたわけでもないですし、「その経験をしたから、じゃあ何でウチに来たいの!?」っていう問いに響く回答ができなかったんで…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました