Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 411

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 314

Warning: array_column() expects parameter 1 to be array, null given in /home/yumeso0358/detectiveyumeso.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/conditions.php on line 315

なぜ、いじめられていることを親に相談しないのか

ブログ

前々から、いじめ関連の記事を書いています。

 

自分がいじめられたせいかもしれませんが、

いじめを苦に、例えば自殺してしまった、とかって話はちょくちょく聞く気がします。

(今(2021年2月)は、新型コロナウイルスの話題が主ですが)

 

僕は、中学の時に受けたいじめが1番ひどく、同級生達の面前で殴られるという事態にまで発展しました。

 

でも、中1の1学期の後半には峠は越えてました。

 

勿論、いじめ自体は卒業まで散発的に続きましたが、

中2以後はいじめにあってない子達と同じように過ごせてました。

 

驚異的な僕の回復とは裏腹に、

いじめられるのが長期化し、より悪い方向に進む例はよく聞きます。

 

短期間で回復した僕と、

長期化し、最悪の結末へ向かってしまうその他の事案とでは、

やはり違いがあるんだろうと思い、今日の記事ではそれを分析したく

 

 

親に相談する/しない

 

親にとって、僕は悩みの種だったと思います。

 

というのも、

自分に起こった出来事の内、よかった出来事は意識してまでは親に報告しなかったからです。

(ついつい言った、ていうのまでは勘定してないです)

 

逆に、悪い出来事は意識して報告してました。

 

だから、いじめられた時も、けっこう早い段階から親には相談してたんです。

 

で、親が学校に相談(クレーム約3割を含む)してましたし。

 

更に、部活の先輩にも相談してたし、

習い事で一緒のおじさんおばさん達にも相談してました。

 

困った子どもがあったら上の人に相談する、っていうのが、僕にはけっこう当たり前の感覚としてあります。

 

一方、最悪な結末を迎える例では、

親の把握が遅れる/或いは子供が自殺するまで気づかない

みたいな事例が、思った以上に散見されます。

(それでも ‘散見’ 程度でしょうが)

 

こういう時こそ、僕は積極的に相談すべきだと思うのです。

 

 

いじめる奴は被害者のどこを見るか

 

別に親じゃなくてもいいんです。

 

極端な話、親に虐待されてるのに、親に相談するなんて

何か自分にいい事が返ってくるなんて、考え難いじゃないですか!?

 

「親」っていうのは分りやすい具体例であって、

「先輩」でも「先生」でもいいんです。

 

要は

自分やいじめる側よりも、目上であればいいんです。

 

あくまでも僕の体験を基に書きます。

 

別の地域/別の人間/別の時代

なら今からの話は通用しないかもしれない事を頭に入れて読んで頂きたく。

 

僕もそうでしたし、僕の周りでいじめられてる子もそうでしたけど、

基本、構図としては

「多数が少数をいじめる」

ですよね。

 

てか、基本

多数vs1人

 

1人か5,6人をいじめる

なんて光景、見た事あります?

 

実は僕は、1人が多数をいじめる風景は、テレビでは見た事あるんですよ。

 

NHKスペシャル…だったかな?

 

ロシア軍の…あれは…チェチェン紛争の時のかな…

 

上官とおぼしき人が10人近くの人を1列に並ばせて、1人1人 ‘丁寧に’ しばきあげていくんですよ。

 

「ロシアのおそろしあ」っていう駄洒落が頭の中をよぎりました…

 

もちろん学校にも ‘スクールカースト’ なるものが存在してる事は僕も知ってます。

 

でも

軍隊みたいに上官と部下みたいな関係性がある訳でもなく、

或いは会社での社長と平社員みたいな関係性がある訳でもなく

 

制度として

「多数が1人に負けなければならない決りになっている」

環境でない限り、

「1人が10人をいてこまして喜ぶ」なんて事はできないと思います。

 

一般的な学校では、軍隊とかとは違って、権威とか上下の序列などが決りとして存在してる訳ではありません。

 

ところで、いじめというのも、結局は何らかの力を背景にして行われます。

 

元々は対等な関係なのに、いじめを起こせるだけの力を供給するのは、結局は「数」でしょ。

 

つまり

①いじめる側に複数の ‘同盟国’ がいる

②いじめられる奴が1人もしくはそれに準ずるぐらい少数

③いじめられる奴の背後に強力な人がいない

 

これらの条件が揃うと、いじめはかなり起きやすくなります。

 

そして、人をいじめる奴らってのは、

ぼっち且つそいつの背後に誰もいない

人間を、天性の才能で発掘します。

 

僕自身もそうだから分るんですけど、

やっぱり孤独な奴は雰囲気が出ますよ!!

 

「ああ、こいつ、友達も味方もおらんねやろな!!」

っていう

 

クラスにいじめっ子がいたとして、そいつが誰彼なく攻撃してる訳じゃないですか。

 

一見すると条件が同じなのに、

攻撃される奴とされない奴がいる。

 

その違いがどっから来るのか、っていうのはよくよく分析した方がいいのでは? と。

 

 

ユメソはなぜ急速な復興を遂げれたか

 

しつこいようですが、中学3年間を通して、僕へのいじめが完治した訳ではありませんよ。

 

ただ、1年1学期で最悪を経験した後、同じ学期で一気に回復できたのは、いま考えれば奇跡的とすら書けるかもしれない。

(当時は学校に行くの必死で、そんなこと考えれませんでしたけど)

 

勿論これには複数要因があるでしょうし、

一概に「これ!」と決めつけるべきではないでしょう。

 

ただ、やっぱり大きい理由として

僕の背後には親や先輩やおじさんおばさん達がいたという事です。

 

[いじめる側は被害者のどこを見るか]

で書いた③が僕にはあてはまらなかったんですね。

 

ここが僕にとっては非常に大きかったんじゃないかと思います。

 

先程も書きましたが、

いじめる奴らは、ぼっちの味方なしに非常に敏感です。

 

「何でそこまで第六感が働くんだ!?」って感じ。

 

逆に書けば、

いじめられっ子に人脈の影が見えると、深追いしにくくなります。

 

いじめの場面では、よく

「親には言うなよ!!」とか

「先生に言ったらぶっ殺すからな!!」とかって脅してる映像、あると思うんですけど、

あれ、逆に考えると

親とか先生とかが、いじめられっ子の味方したら自分達がまずい立場になる事が分ってるからこそ出てくる脅しです。

 

詰り、彼ら彼女らは、図らずも自分達の弱点をいじめられっ子に教えているのです。

 

僕は、大した意図があって周りの大人とかに相談した訳ではありません。

 

単に、その時の自分の状況を何とかしたかっただけ。

 

しかし今になって思うのは、

あの当時の僕の行動が、いじめられる側がとるべき行動として、非常に戦略的であるという事。

 

いじめる奴の第六感は、

「ユメソの背後には大人がいる」

という事も敏感に感じとったようです。

 

長々と書いて、少しややこしくなりましたが、

要するに

相談する

味方が増える

ぼっちじゃなくなる

いじめにくくなる

 

です!!

 

 

いじめられてる事を相談できない

 

最悪の結末を迎える子達って、テレビとかで見聞きする限り相談すべき人に相談しない例って、けっこう多いような気がします。

 

困ってる時は救援に頼らないとしょうがないだろうと思うのですが、

それでも何も手を打たない人いるんですね!

 

じぁあユメソがそういう人らの気持ちを全く理解不能かと書くと、そうでもないんですね。

 

僕だって最初1発目を親に言った時はきつかったですよ!

 

「実は自分はいじめられてる」

って認める事がどれだけ大変か。

 

僕自身の体験とかも含めて考えると

いじめられてる事を相談できない心理はだいたい以下3つかと

 

①相談相手を信用できない

②相談相手に迷惑かけたくない

③自分の弱点をさらす恐怖

 

順番ばらばらですが解説していきます。

 

③の「自分の弱点をさらす恐怖」ですけど

 

いじめられてる事を打ち明けるって事は、自分の弱点を公開する事を意味します。

 

弱点が知られれば知られる程、周囲はあなたを攻撃しやすくなります。

 

非常に単純化して考えれば、弱点を公開する事は、敵を増やす事に繋がりかねない訳ですから、

抵抗感を示すのは理の当然と書けます。

 

次、①の

「相談相手を信用できない」

ですか

 

例えば、せっかく相談したのに「お前が弱いだけ」なんて言われたら、

助けてもらう為の行為で助けが得られない訳だから、意味ないですよね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント

タイトルとURLをコピーしました